STORY

vol.01

KOFFEE MAMEYA

このコーヒー豆のブティックに入るときは頭上にお気をつけください。美しい空間があなたを待っています。そこは、ミニマルでありモダンでもあり、同時にクラシックでもある空間です。

Koffee Mameyaは東京でとても人気のあった珈琲店、Omotesando Koffeeによって設立されました。Omotesando Koffeeは2015年、建物の問題により惜しまれつつも閉店しました。順番を待つ間、当時のOmotesando Koffeeのサインをどこかに見つけることができるかもしれません。

オーナーの國友さんとバリスタたちは世界中を旅して、コーヒーの奥深さを楽しむことができる多様な豆のラインナップを組み立てました。ここにある多くのコーヒー豆は日本の他の場所では購入できません。それぞれの豆には異なるプロフ ァイルがあり、ローストの度合いやフレーバーの独自性などが記載されています。

バリスタたちはお客さんと時間をかけて会話し、コーヒーの好みを理解した上で 、おすすめのコーヒー豆を選びます。 その場でコーヒーを飲むこともできるし、コーヒー豆を持ち帰ることもできます。このコーヒー豆は素敵な贈り物にもぴったりだなと思います。

Koffee Mameyaのバリスタと話すことで 、コーヒーについてたくさんのことを 知ることができます。もちろん、そんなに堅苦しいものではありません。ジョークや笑い、そしてここにいることを楽しむピースフルな空気に溢れています。バリスタたちはあなたが購入したコーヒー豆を、まるでカルテのように記録し、次に訪れた際にはまた新しいフレーバーによって、あなたのコーヒーの地平を広げます。

ITEM LINE UP

PAGE TOP